【4/18 クラフトカート通信内容】

クラフトカートをご利用中のお客様へ、ピックアップした情報をお届けする【クラフトカート通信】です。

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆       最近のアップデートにより適用された内容のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「新着情報ブロック」で本文単体ページの表示が可能になりました。
新着情報ブロックから本文単体へのリンクを下記のように設定してください。
(設定例)
<a href=”<!–{newsDetailUrl}–>”>本文</a>

■「コンテンツ>新着情報」でカテゴリの設定が可能になりました。
カテゴリの表示や絞り込みは下記の設定例をご参考ください。
(設定例)
・カテゴリIDの表示:<!–{newsCategoryId}–>
・カテゴリ名の表示:<!–{newsCategoryName}–>
・カテゴリIDによる絞り込み表示:sectionNewsに下記属性を追加
<!–{sectionNews category=カテゴリID}–>
※新着情報のカテゴリIDは「コンテンツ>新着情報」の「カテゴリを追加/編集」から設定/確認可能です。

■管理画面のボタンデザイン等を識別しやすい表示に変更しました。

■管理画面からの受注登録や定期登録において、会員追加項目も同時に会員情報に登録するようになりました。

■受注一覧の受注簡易表示(注文番号クリック)で追加項目の内容を表示するようになりました。

■「デザイン>お客様情報入力フォーム」等の共通ブロック編集でキャッシュクリアが必要なくなりました。

■受注編集画面の更新履歴表示において、差分の詳細を表示するようになりました。

■受注編集や定期編集画面で配送方法のプルダウンに管理用名称も表示されるようになりました。

■「レポート>統計>ソーシャル」にInstagramなどの媒体を追加しました。

■各クレカ決済メニューから実売上にした場合に実行した日付を確認できるようになりました。

【お知らせ】

誠に勝手ながら、ゴールデンウィーク期間中の業務を下記の通りご案内いたします。

■ ゴールデンウィーク期間中の営業スケジュール(カレンダー通りとなります)
2019/4/27(土)~ 2019/5/6(月) 休業
2019年5月7日(火)より、通常通り営業いたします。
休業中のメールでのお問い合わせにつきましては、基本的に5月7日(火)以降、順次の対応となります。
尚、サーバートラブルなど弊社判断にて緊急性の高いご連絡につきましては、上記期間中もご対応させていただきますのでご安心ください。

■休業中のサポート連絡方法
・管理画面下部の「お問い合わせ/ご要望/問題の報告」リンク
・support@croftcraft.com へご連絡

ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご了承くださいませ。

 

【お知らせ】

平素は弊社サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

定期購入の機能をお使いいただいているショップ様のみ内容をご確認ください。

GW、夏季休業、年末年始などの長期休業中に向けた、定期受注についての対応方法をお知らせさせていただきます。

休業日直前に、下記の手順を行う事により、本年度中に受注を生成させて処理を前倒しする事ができます。

  1. 「受注>定期一覧」メニューを開く
  2. 「検索項目>次回お届け日」を使い、休業中の期間を設定する
  3. 「検索項目>詳細検索>稼働状態」で、稼働中のみを設定する
  4. 上記2、3を設定し、「この条件で検索する」ボタンをクリックする
  5. 表示された検索結果に対して、必要に応じて、チェックボックスをクリックする6.「チェックしたものを>次回分を今すぐ」を選択して「実行」ボタンをクリックする

※2、3の表示された検索結果に対して、本日受注を生成させて良い定期かを必ず確認してから以降の作業を実行してください。

※「ニッセン後払いNG」やその他のエラーにより、次回分の実行がエラーになってしまった場合は、処理が途中で止まります。引き続き作業を行う場合は、エラーがおきた定期のチェックを省いた状態で行ってください。

 

【12/4 クラフトカート通信内容】

クラフトカートをご利用中のお客様へ、ピックアップした情報をお届けする【クラフトカート通信】です。

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆       最近のアップデートにより適用された内容のお知らせ
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■管理画面から新規受注登録を行った際に対応状況を選択できるようになりました。

■管理画面から新規受注登録時の対応状況について初期値を設定できるようになりました。
「詳細設定>管理画面機能>管理画面からの受注登録時の対応状況ID初期値」で設定してください。

■受注や定期情報において、「配送方法」「支払方法」を必須化できるようになりました。
「詳細設定>管理画面機能>受注/定期編集にて配送方法と支払方法を必須化」で有効に設定してください。

■会員一覧で「会社名」「部署名」が部分一致で検索できるようになりました。

【重要】

12月1日の特定商取引法の改正と合わせた消費者庁のガイドライン対応について、「購入確認画面」に総額を表示させないとならない場合の対応方法をご確認ください。

対応する必要があるかの判断は当社でご回答できかねますので、特定商取引法の改正についてのご質問は、消費者庁窓口にお問い合わせください。

 

■ガイドライン:消費者庁
インターネット通販における「意に反して契約の申込みをさせようとする行為」に係わるガイドライン

 

■対象ショップ
定期購入商品を販売しており、特定お届け回数まで契約を義務付けしている場合
但し、定期契約である事の説明と総額が商品ページに分かりやすく説明されている場合は対象から外れる場合もあります。

 

■主な確認箇所
・ガイドライン4ページ目:いわゆる定期購入契約の場合
・購入確認画面で「画面例7」もしくは「画面例8」のような対応が必要

 

■対応方法の概要
商品コード毎に表示する文章対応方法や、商品詳細ページへボタンで誘導する対応方法を下記にご案内いたします。

 

■パターン1:対象定期商品が少ない場合に推奨
商品コード毎に定期コースの説明を直接表示させる方法の例

・編集テンプレート:デザイン>PC&スマートフォン>商品購入/ご入力内容のご確認
・挿入推奨箇所:画面下部<div class=”btn_area”>の前辺り

<!--{sectionCartItem}-->
  <!--{productCode var=proCode}-->
  <!--{if $proCode=='商品コード'}-->
    <div class="attention">
      ・本商品の定期コースは3回お届けをお約束している定期購入契約となります。<br>
      ・初回を含めた1個あたりの3回の支払額の合計は10,000円になります。<br>
    </div>
  <!--{/if}-->
<!--{/sectionCartItem}-->

※3行目:「商品コード」部分に総額表示したい商品の商品コードを記載してください。
※5~6行目:ガイドラインを確認し文章を作成してください。回数制限と総額表示は必須項目です。
※3~8行目:定期購入商品が複数ある場合は3~8行目を複数記載してください。
※「class=”attention”」は赤字表示です。ショップに合ったデザインにご変更ください。

・複数の場合の例

<!--{sectionCartItem}-->
  <!--{productCode var=proCode}-->
  <!--{if $proCode=='商品コード1'}-->
    <div class="attention">
      ・本商品の定期コースは3回お届けをお約束している定期購入契約となります。<br>
      ・初回を含めた1個あたりの3回の支払額の合計は10,000円になります。<br>
    </div>
  <!--{/if}-->
  <!--{if $proCode=='商品コード2'}-->
    <div class="attention">
      ・本商品の定期コースは5回お届けをお約束している定期購入契約となります。<br>
      ・初回を含めた1個あたりの5回の支払額の合計は20,000円になります。<br>
    </div>
  <!--{/if}-->
  <!--{if $proCode=='商品コード3'}-->
    <div class="attention">
      ・本商品の定期コースは7回お届けをお約束している定期購入契約となります。<br>
      ・初回を含めた1個あたりの7回の支払額の合計は30,000円になります。<br>
    </div>
  <!--{/if}-->
 ・・・続く
<!--{/sectionCartItem}-->

 

■パターン2:対象定期商品が多い場合に推奨
定期コースの説明を商品詳細ページに記載し、定期コースだった場合に商品詳細ページへのリンクを作成する方法

・商品>各商品編集>詳細コメントに定期コース詳細を記載
※詳細コメントが既に使用済みの場合は「商品>追加項目管理」をご利用ください。

詳細コメントの記載例)

本商品の定期コースは7回お届けをお約束している定期購入契約となります。
初回を含めた1個あたりの7回の支払額の合計は30,000円になります。

・編集テンプレート:デザイン>PC&スマートフォン>商品購入/ご入力内容のご確認
・挿入推奨箇所:画面下部<div class=”btn_area”>の前辺り

<!--{sectionRegularPurchase}-->
  ※定期購入契約の商品が含まれています。必ず下記のボタンより定期コースの詳細をご確認ください。
  <!--{sectionCartItem}-->
    <p class="btn04"><a href="/products/detail.php?product_id=<!--{productId}-->" target="_blank"><!--{productName}-->の商品の詳細を確認する</a></p>
  <!--{/sectionCartItem}-->
<!--{/sectionRegularPurchase}-->

※「 class=”btn04″」は標準でオレンジの決定ボタンと同じデザインです。ショップに合ったデザインにご変更ください。

 

上記の購入確認画面の編集作業について、当社へテンプレートや商品情報の編集作業を代行依頼される場合は下記の金額となります。
ご依頼の場合はサポートまでご連絡ください。

■パターン1
1商品コード辺り 8,000円(税抜)
■パターン2
1商品コード辺り 5,000円(税抜)

 

【お知らせ】

・管理画面ショップ情報で緯度経度の取得
・管理画面の各所で地図表示
・フロント「当サイトについて」で地図表示

Googleの仕様変更により2016年6月22日以降の新規利用及び、今後永続的(※1)に上記の表示を行う為には、Google APIキーを取得する必要があります。

下記の取得方法を参考に、設定を行ってください。

1.「Google Maps APIs for Web」にアクセスします。

2.右上「キーを取得」ボタンを押してください。
maps3.作業手順が表示されますので、「続ける」をクリックしてください。

4.Googleアカウントへのログインが必要となりますので、ログインもしくは新規作成してログインしてください。

5.「アプリケーションを登録するプロジェクトの選択」という画面で、「プロジェクトを作成」のまま「続行」してください。

6.「APIキー」の名前に任意の名前、「キーの制限」で「HTTPリファラー(ウェブサイト)」を選択してください。

7.「このHTTPリファラー(ウェブサイト)からのリクエストを受け入れる」へ、下記を参考にショップのドメイン名を設定し、「作成」を押してください。

https://www.abcdef.com/の場合→ www.abcdef.com/*

maps

8.画面に「キー」が表示されますのでコピーしてください。

9.カートの管理画面に移り、「詳細設定>詳細機能>GoogleマップAPIキー」に8番でコピーしたAPIキーを貼り付けて「この内容で登録する」をクリックして完了です。

 

※1:現在は表示できていても、今後表示できなくなる可能性があります。
※月間で25,000回以上表示する可能性がある場合はGoogleへの支払い対象になる可能性がありますのでご注意ください。

 

 

メルマガ配信機能で送信時にPDFなどファイルを添付することは可能でしょうか?

メルマガ配信で添付ファイルを付ける事はできません。

添付ファイルに代わる手段として、PDFのデータをショップ上に置きURLで誘導してください。

 

▼手順
①コンテンツ>ファイル管理
②「pdf」というフォルダを作成し、中に「test.pdf」をアップロードする
③メール文章に下記のようなURLを記載して誘導する
https://www.*****/contents/ex/pdf/test.pdf

 

「伝票No.URL」欄に配送業者の荷物追跡を入れるとメールテンプレに反映されるのでしょうか?

「基本設定>配送方法・配送料」より「伝票No.URL」を設定し、メールテンプレートに「伝票No.URL」のタグを記載すれば、配送業者ごとに「伝票No.URL」を切り替えてメール配信することが可能です。

配送業者が1社の場合は、メールテンプレートに直接URLを記載して頂いても問題ありません。

 

配送業者ごとに「伝票No.URL」を切り替えてメールで配信する手順

 

①基本設定>配送方法・配送料で「伝票No.URL」にURLを設定する
②発送完了メールテンプレートに「伝票No.URL」のタグを記載する。

※「伝票No.URL」=各配送業者のサイト内にある荷物追跡サービスのURLです。
※「発送完了メールテンプレート」=「基本設定>メールテンプレート」の「発送完了メール」編集画面より編集可能です。

 

▼メールテンプレートで他に表示できる情報は下記のタグを参考にお使いください。

■一般的な項目のタグ
配送方法名称:<!–{shippingMethod}–>
配送方法ID:<!–{shippingMethodId}–>
伝票No.URL:<!–{deliveryTrackingUrl}–>
注文日時:<!–{orderDateTime|date_format:’%Y年%m月%d日 %H時%M分%S秒’}–>
氏名(フリガナ):<!–{orderKana1}–> <!–{orderKana1}–>
Eメールアドレス:<!–{orderEmail}–>

■「<sectionOrderItem>~</sectionOrderItem>」ブロック内のみ有効のタグ
購入商品ID:<!–{productId}–>

■「<sectionShipping>~</sectionShipping>」ブロック内のみ有効のタグ
送付先氏名(フリガナ):<!–{shippingKana1}–> <!–{shippingKana2}–>
送付先お届け方法:<!–{shippingMethod}–>

■会員追加項目系のタグ
購入者会社名:<!–{orderAttribute id=90}–>
購入者部署名:<!–{orderAttribute id=91}–>
購入者追加項目:<!–{orderAttribute id=会員追加項目ID}–>
配送先会社名:<!–{shippingAttribute id=90}–>
配送先部署名:<!–{shippingAttribute id=91}–>
配送先追加項目:<!–{shippingAttribute id=会員追加項目ID}–>

 

督促履歴などクラフトカートにない顧客情報の項目を増やすことはできるのでしょうか?

「追加項目管理」で独自の項目を増やすことが可能です。

 

会員情報の項目をカスタムフォームで自由に追加し、CRMとして柔軟な会員管理が可能です。
『テキストライン』『ラジオボタン』『プルダウン』『テキストエリア』『日付』の5タイプで設定可能。
項目を追加することにより、管理画面からの会員登録や検索項目に自動的に表示されますので、CRMとして細かく会員管理を行いたい場合にご利用ください。

 

▼設定手順
1.「会員>追加項目管理」より
【追加項目を新規追加する】をクリックし、新規項目を追加登録してください。
2.「デザイン>フォーム設定」より
【管理画面】会員情報:設定をクリックし、「1」で追加した項目のフォームを「利用しない項目」から「利用する項目」にドラッグして追加→【登録する】

上記の方法で、設定が可能です。

また会員データのインポート作業などにつきましては、別途お見積りで代行作業をお請けする事も可能ですので、必要でしたらご連絡くださいませ。