「商品追加項目機能」でSEO効果UP対策!

自然検索からのトラフィックが少ないというお悩みはありませんか?
「商品追加項目機能」を使ってきっちり管理できるSEO効果対策を見直そう!

 

『クラフトカート』は、豊富なセール機能と柔軟な独自のカスタマイズで、日々の業務ストレスを軽減する簡単操作を特長の一つとしています。

今回は、「柔軟な独自のカスタマイズ」という部分の特長から、【商品追加項目機能】についてご案内いたします。

 

昨年、Googleの検索アルゴリズムアップデートが実施され、業界ではちょっとザワザワしましたね。
これらのアップデートは、信憑性の無い誤った情報を掲載しているサイトや、品質の低いコンテンツを大量に掲載するサイトを一掃するために実施されたものです。
いずれもコンテンツの品質を厳重に取り締まるものであり、真面目なコンテンツを載せたサイトが順位を上げているということでもあります。
つまり、公式オンラインショップ運営の皆様にとってはプラスの方向に働いていると解釈していいのです。

今年以降もこの動きは更に強まるであろうと予測されるところなので「公式オンラインショップ」ならではの、正しく美しいSEO対策を心がけ強化していきましょう!

 

今回ご紹介するのは、「商品項目追加機能」を使い、商品ごとにメタタグの「keywords」や「description」を細かく管理して対策しましょうというものです。
ウェブ担当者にとって、descriptionを見直すことは少々気が重い作業かもしれませんが、今後の為に見直しを検討されることをオススメします。

 

【商品追加項目機能】とは

商品の表示情報に対して、カスタムフォームを使って、自由な項目を増設できる機能です。

『テキストライン』『ラジオボタン』『プルダウン』『テキストエリア』『日付』の5タイプで設定可能。
項目を追加することにより、商品情報に【追加情報】のタブが表示され、追加項目管理で作成した項目を設定する事ができます。
この機能を応用することで、商品ごとにメタタグを簡単に設定することが可能になります。

下記のような手順で、商品詳細ページで商品ごとのkeywordsやdescriptionを設定できます。

 

■1.『商品追加項目管理』で「テキストライン」タイプの項目を作成する。

「商品>商品管理>追加項目管理」で「新規追加」をクリック
・状態:利用する
・項目名:「メタタグkeywords」または「メタタグdescription」など管理しやすい名前をつけてください
・タイプ:テキストライン
・「この内容で登録する」ボタンをクリック

 

■2.「1」で作成した項目に設定したい内容を記載する。

「商品>商品一覧>該当商品>編集画面」で「追加情報」をクリック
・「メタタグkeywords」または「メタタグdescription」の内容を入力
※keywordsはターゲットの範囲を広げ過ぎず「商品名とプラスワン」(例:商品名,保湿クリーム)くらいに絞ることがオススメ。
※descriptionは、検索結果のページタイトルの下に表示される説明文です。クローラーとユーザーにページの内容を正しく伝えられるよう、キーワードを意識しクリックしたくなるような説明文を全角120文字程度で作成するのがおススメ。
・「この内容で登録する」ボタンをクリック

 

■3.商品詳細ページに表示させるよう設定します。

「デザイン>ページ設定>商品詳細ページ>テンプレート」で下記を設定
・「メタタグ:description」や「メタタグ: keywords」に<!--{productUserAttribute id=追加項目ID}-->と記載
※「追加項目ID」は、「1」の手順で登録した際に発行されますので、「商品>商品管理>追加項目管理」から一覧の「項目ID」を確認し設定してください。
・「登録する」ボタンをクリック

以上、この3つの手順を設定し登録すれば設定は完了です。

 

keywords やdescriptionなどのサイトの内部要因は、SEOの中でも比較的簡単に改善が可能です。
同一サイト内でもページによってターゲットのキーワードは変わってきますので、ページごとに別々のキーワードや説明文を設定するのが正しい方法です。

ただ、ページごとに別々に設定するのが正しい方法だとわかっていても商品数の多いショップでは商品ごとにいちいち直接タグを記述しなければならない等、大変な手間がかかってしまうので放置してしまうケースがほとんどです。

 

「クラフトカート」なら、こんな面倒な設定が正しく簡単に管理できますので是非ご活用ください!
そして、面倒だからこそライバルは手を付けていない部分なので、ここで差をつけてください!

 

特にdescriptionタグは直接的な検索順位上昇効果がないと言われていますが、このタグは正しく使えばクリック率向上の効果を倍増させるほどの力を持っており、間接的には非常に重要な部分です。
一般的には、地味なわりに作業が面倒だと思われ放置されているところだからこそチャンスなのです。

 

先に「商品追加項目機能」の【応用編】を解説してしまいましたが【基本編】も侮ってはいけません。
すべての商品詳細ページにも表記する内容だけど、「商品追加項目機能」は商品ごとに表記する内容が違う場合などに大活躍です!

 

例えば、化粧品の容量や食品の個数や味など、パターンが決まっている場合、「ラジオボタン」タイプで項目追加しておけば、各商品登録の編集画面でラジオボタンのチェックをするだけでOKです。
予め商品詳細ページのテンプレートに追加項目IDのタグを設定しておくだけで、全ての商品詳細ページに商品ごとの決まったフォーマットで別々の内容を表示させることができます。

 

クラフトカートならではの機能活用方法をご紹介させていただきました!
柔軟なカスタムフォームにより、工夫次第で独自の商品管理を叶えることができます。
是非、自分専用の管理方法にもご活用ください。

 

※「商品追加項目機能」は、スタンダードプラン以上より標準装備となります。ライトプランご利用の場合は別途オプション(5,000円/月)となります。

2018年販促スケジュール!今すぐ実施できる「タイムセール」設定例!

超簡単設定で、今すぐ!そのまま使える「設定例」紹介
30秒で設定できちゃう!【タイムセール機能】

 

【クラフトカート】は、豊富なセール機能と柔軟な独自のカスタマイズで、日々の業務ストレスを軽減する簡単操作を特長の一つとしております。

今回は、「簡単操作」と「豊富なセール機能」ダブルの特長を兼ね備えた機能の中から、【タイムセール機能】についてご案内いたします。

12月~1月の季節イベントは、忘年会や新年会、お正月に成人式。
2月は節分から始まりバレンタインデー。商材によっては花粉症対策の販促もスタートします。
また、春に向けての準備を先取り、春休みや卒業旅行、ブライダルシーズンなど・・・

 

「気が早い」と思いましたか?
いえいえ、これら季節のイベントで最大限の売上げアップを目指すなら事前準備がカギとなります!
2か月くらい前には企画準備、1か月前には実施の情報を発信していくといったスケジュール感です。
今から、3月~4月に向けての企画を立て2月に入ったら実施できるよう準備を進めておくといいですね。

しかし、わかってはいてもなかなか事前準備ができなくて商機を逃してしまっているショップも少なくありません。そんな時に、力強い機能「タイムセール」を利用してください。

 

「ヤバイ!新年のキャンペーンやるつもりだったのにもう1月後半だから無理・・・」と
諦めてしまっては何も生み出すことはできません!
大丈夫です!まだ間に合いますから、すぐにチャレンジしてみて下さい!

 

■タイムセール機能

期間限定、時間限定で値引き、またはポイント付与率のアップ

・毎日、毎週、毎月など定期的にタイムセール
・一定時間だけ目玉商品をびっくり価格で
・100%ポイント還元【実質無料】タイムセール

などを、簡単に設定し実施することができる機能です。

 

タイムセールの設定は「商品一覧」から該当の商品の編集画面を開きます。
商品登録(編集)画面の中の黄色背景の部分が「タイムセール」の設定箇所です。
【開始日時】~【終了日時】で設定された期間のみ、黄色背景で設定された全ての内容が有効になります。

 

▼すぐに使える「設定例」

2018年新春タイムセール
【対象商品】100%ポイント還元!実質無料の3日間限定タイムセール
※対象にする商品は、ショップで一番売れ筋の商品がオススメ!

 

期間:2018/1/25(木)・26日(金)・27日(土)3日間限定
セール内容:該当商品を購入すると、タイムセール期間中はポイント付与率100%

 

▼上記タイムセールの設定方法
対象商品の商品編集画面より黄色背景部分の下記項目に条件を登録します。

1.【▼開始日時】:2018年 1月 25日 0時 0分
2.【▼終了日時】:2018年 1月 28日 0時 0分(27日いっぱい利用できるように)
販売価格は通常(白背景)の販売価格と同様のまま
3.【ポイント付与率】:100%

これで設定完了!

 

もし売れ過ぎちゃって困る場合は【在庫数】に数量を設定しておけばOK
期間中は設定どおりに販売し、期間が終了すれば自動的に通常の販売条件に戻ります。
こんなに簡単で便利な機能を使わない手はありませんね!

 

今回ご紹介した「100%還元」のメリットは、「実質無料」というインパクトでありながら、購入時は現金で購入してもらえること。そして、還元するのはショップ専用の「ポイント」なので、それを利用するためにはまたショップで買い物をしてもらえるというところです。

例は還元率100%でしたが、50%でも70%でもショップや商品に見合った率を設定してください。
ただ、やはり告知のメルマガや広告での「70%還元」と「100%還元」ではインパクトに差が出ます。
ならば、100%還元でメール告知する顧客をセグメントしたり、全体で販売数や期間を絞ったりなどアレンジしてみるといいかと思います。

 

「キャンペーン」については、理由のない「安売り」はおすすめしません。

なにも理由がないのに安くできる「それなりの商品」というマイナスイメージに繋がります。そして「定価で買うのはバカらしい」という印象を与えかねません。

 

「値下げ」するには、誰もが納得する「イベント」にちなんでいたり、「在庫処分」であったりと明確な理由が必要です。無暗に「安売り」「値下げ」を繰り返してしまうと、ショップそのものの価値を下げてしまう可能性があるので注意してください!

お客様には「安い」ことで気を惹くのではなく、「良い商品」「良いサービス」に価値を感じて頂きましょう。
「この店で買いたい!」と思ってもらえるショップでいるために、クラフトカートの多彩な機能をフルにご活用ください!

 

※「タイムセール機能」は、すべてのプランで標準装備となります。
※定期購入商品は、購入時の設定が2回目以降の受注に引き継がれるためタイムセールには不向きです。定期購入商品には「定期特典機能」のご利用がおすすめです。

顧客育成に有効的な「会員ランク」機能!LTVアップにつなげるための仕掛けとは?

「どうせ買うならこのショップ」と思わせる!
【会員ランク】機能で顧客にプレミア感を!

「このお店で買いたい!」という顧客心理をつかむために有効的な機能と活用方法をご案内いたします。

【クラフトカート】は、豊富なセール機能と柔軟な独自のカスタマイズで、日々の業務ストレスを軽減する簡単操作を特長の一つとしております。

今回は、クラフトカートの最大の強みでもある「CRM(顧客管理システム)」の中から、【会員ランク機能】についてご案内いたします。

 

【会員ランク】機能で顧客に「特別感」を与え「ここで買わなきゃもったいない!」
ランクに応じた特典で「今買わなきゃ!」という心理を掻き立てよう!

 

「新規顧客の獲得」はもちろん大切ですが、売り上げを安定させるためには、獲得した新規顧客を定着させるための「顧客育成」が重要です。

新規顧客を獲得するためには、広告を打つための「準備」から「広告費」という投資をしていることと思いますが、この手間や広告費を無駄にしないためには、獲得した顧客のLTV(顧客生涯価値)をいかに上げることができるかが重要になってきます。

そこで、「会員ランク制度」は、顧客育成のための有効的な手段のひとつとなります。

そして、会員のランクに応じたステージごとの特典などメリットを与えることがカギとなります。

 

クラフトカートの「会員ランク機能」は、【ランク判定期間】内に、各条件を満たした会員をランク付けし、特典を付加させる事ができます。

更に、会員ランクは【自動適用】が「有効」となっているランク間のみ自動移動が行われ、「有効」となっていないランクは手動で固定させる会員ランクとして運用する事ができます。

この辺りのちょっとした使い分けができることで、応用の幅が広がり管理がしやすく「柔軟性が高い」という部分にもなっております。

 

【会員ランク管理の特典】

ランク付けされた会員に対して、下記の特典を付加する事ができます。

・『ポイント倍率』:設定した倍率のポイントを付与する事ができます。

・『定率割引』:販売価格に対して、設定した%分の割引販売を行います。

・『送料無料』:全商品を送料無料として販売を行います。

 

「会員ランク」機能の設定は「会員>会員ランク管理」より行なって下さい。

 

会員ランク機能は、会員にメリットをもたらすだけではありません。

ランクに応じてピンポイントなサービス内容をメールで配信したり、特定のランクの会員に対して「特別なキャンペーン」を打ったりと、顧客とのコミュニケーションがとりやすくなります。

無駄な情報を無暗に配信しても「迷惑」と感じられ逆効果になるケースがありますが、「欲しい情報を的確に与える」ことで、顧客と接点を持つことは客離れの防止になり、「買い物をしたいショップ」という印象に繋げることができるのです。

 

ランク設定のコツとして、ハードルの低いランクアップでテンポよくステップアップしている実感を顧客に与えるのが良いでしょう。ちょっとしたお買い物で「あ!ランクが上がった」「もう少しでランクが上がるからもう一つ買っちゃおう」「今買っておけばランクが上がって次の買い物がお得になるから買わなきゃ!」と、お買い物をするたびに感じられるような施策を工夫してください。

そして、条件を満たさなければ「ランクダウン」することも大切です。

せっかくランクがアップしたのに下がってしまうのはもったいないという心理、その為には「いつまでにいくら分のお買い物をするとランクアップしますよ」とメールなどで通知し「お得」アピールの陰で「お買い物をしないとランクダウンしてしまう」ことに気づいてもらう。すると、ネガティブなお知らせの印象を与えることなく「今買わなきゃ!」という心理に導くことができるのです。

 

また、手動固定で『定率割引』を設定するという方法を利用すれば「社員販売割引」や「株主優待割引」などを簡単に管理することも可能です。色々試してくださいね!

 

「会員ランク」機能をまだご利用されていないショップは、2018年スタートのタイミングで会員ランク制度を取り入れてみてはいかがでしょう?

ランクによって顧客を分類できることでDMやメール、キャンペーンの施策をより効果的に行えるようになるメリットもございます。是非、ご活用くださいませ。

※「会員ランク機能」は、スタンダードプラン以上より標準装備となります。ライトプランご利用の場合は別途オプション(5,000円/月)となりますのでご了承ください。

「クーポン機能」でイベント商戦に差をつけよう!

売上UPの施策に「クーポン機能」使っていますか!?
WEB顧客はもちろん!紙媒体の販促にもご利用できます!

【クラフトカート】は、豊富なセール機能と柔軟な独自のカスタマイズで、日々の業務ストレスを軽減する簡単操作を特長の一つとしております。

今回は、「豊富なセール機能」という特長から【クーポン機能】の設定と活用についてご案内いたします。

キャンペーン企画はあるけれど、設定に時間はかけたくないとだらだらしているうちに機会を失ってしまうことはありませんか?
思い立った時に、アクティブに実践する事が大切です!

「セール機能」は客離れ防止や売上アップに不可欠な機能です。
「クーポン機能」を使えば、簡単に独自のアイデアを活かした「特別なクーポン」を発行できます。

難しい設定は不要です!すぐに登録してお客様の購買意欲をUPさせましょう。

有効期限を選択して、必要な条件をポチポチッと数か所設定するだけ!

 

<クーポン機能>

【コンテンツ】>「クーポン」から「クーポン管理」を開いてください。

『定額割引』『定率割引』『送料無料』タイプのクーポンを発行、管理できる画面です。

ふたつの例を用いて設定の手順をご案内いたします。

 

▼例1:クリスマス限定クーポン

【下記の条件】

・クーポン有効期限:2017年12月25日23時59分まで
・会員登録されているお客様のみ利用可
・6000円(税込)以上のお買い上げで利用可(商品小計金額)
・1000円(税込)割引(定額割引)
・おひとり様1回限り利用可(登録メールアドレス単位)
・クーポンコードは「xmas1000」

▼設定手順—————————————————

・【有効期限】をプルダウンから選択→「2017」「12」「25」「23」「59」
・【対象者】は「会員」を選択
・【利用可能最低購入金額】に「6000」と入力
・【メアド単位での利用可能回数】に「1」と入力
・【サービス種】は「定額割引」を選択
・【金額】に「1000」と入力
・【コード生成方法】は「手動」を選択
・【コード(16文字以下)】に「xmas1000」と入力

最後に【クーポンを発行する】ボタンをクリックして完了です。

─────────────────────

上記で、発行されたクーポンコードをメルマガなどでお知らせしてください。

 

▼例2:会員様限定「送料無料クーポン」

【下記の条件】

・クーポン有効期限:2017年12月31日23時59分まで
・会員登録されているお客様のみ利用可
・送料無料
・おひとり様1回限り利用可(登録メールアドレス単位)
・クーポンコード自動生成

▼設定手順—————————————————

・【有効期限】をプルダウンから選択→「2017」「12」「31」「23」「59」
・【対象者】は「会員」を選択
・【メアド単位での利用可能回数】に「1」と入力
・【サービス種】は「送料無料」を選択

最後に【クーポンを発行する】ボタンをクリックして完了です。

※自動生成されたクーポンコードが表示されます。

─────────────────────

上記で、発行されたクーポンコードをサイトのTOPページなどに、会員様限定「送料無料クーポン」プレゼント!などと掲載し【今すぐ無料会員登録をしていただくと期間限定「送料無料クーポン」がご利用いただけます】など、新規会員登録を促す集客にもご利用いただけます。

上記は、条件の一例ですが「商品を特定して利用するクーポン」や「先着何名様半額クーポン」など工夫次第で様々なサービスにご利用いただけます。

また、発行したクーポンコードを「紙面媒体(チラシ等)」に記載し販売を促進することも可能です。紙媒体等にクーポンコードを掲載する場合は、コピー&ペーストが出来ない為、簡単なクーポンコードを「手動」で生成するのがコツ!

【発行コード一覧】からは、既に発行したクーポンの利用状況を確認したり、編集したりすることができます。

『利用状況』は、発行済みクーポンの設定内容と、クーポンを使って購入された「対象商品統計」「同時に購入された非対象商品」の商品内訳を確認する事ができます。

『編集』からは、発行済みクーポンの設定内容を変更する事ができます。有効期限の延長等も簡単に行えます。

是非、簡単で便利な【クーポン管理】機能をご活用ください。

 

※「クーポン機能」は、スタンダードプラン以上より標準装備となります。ライトプランご利用の場合は別途オプション(5,000円/月)となりますのでご了承くださいませ。

「CSVダウンロード」の項目設定で作業コスト削減

毎日の業務、月に一度しか使わないデータでも
用途毎に抽出したいデータをどんどん登録 @無制限

 

【ダウンロード項目設定】の設定と活用について

よく使う様々な用途のデータをこの機能で一度設定しておけば、以降はワンタッチで簡単に出力することが可能になります。

<ダウンロード項目設定>

「商品一覧」「会員一覧」「受注一覧」「定期一覧」「レビュー管理」で『CSVダウンロード』『Excelダウンロード』時の項目設定を行います。
設定方法は全て共通で、各管理画面の【検索結果**件】右側にある【ダウンロード項目設定】ボタンから行います。

 

▼設定手順—————————————————————————————-

・【Excelダウンロード】をクリック
・【ダウンロード項目を新規作成】をクリック
・「ダウンロード名称」に用途がわかる名称を登録(例:配送データ用)
・「出力しない項目」から、必要な項目のみ「出力する項目」へ移動させ登録
・項目の移動が完了したら【この内容で登録する】をクリック
——————————————————————————————————

※登録画面のボタン説明
『>』:「出力しない項目」で選択した項目を「出力する項目」に移します。
『≫』:全項目を「出力する項目」に移します。
『<』:「出力する項目」で選択した項目を「出力しない項目」に移します。
『≪』:全項目を「出力しない項目」に移します。

『一つ上』:選択した項目を一つ上へ移動させます。
『一つ下』:選択した項目を一つ下へ移動させます。
『一番上』:選択した項目を一番上へ移動させます。
『一番下』:選択した項目を一番下へ移動させます。
『追加』:テキストフォームに入力した固定値を「出力する項目」に追加します。

※空の列を出力したい場合は、【追加】ボタンの上のテキストフォームを空の状態で【追加】ボタンを押してください。「固定値()」として空の列が作成されるようになります。

▲ここまでで設定完了—————————————————————————-

 

ここで設定された項目設定のパターンは【ダウンロード名称】で保存され、各管理画面の【検索結果*****件】右側にある【プルダウン項目】に追加されます。

 

▼ダウンロード手順——————————————————————————

・各管理画面の【検索結果*****件】右側にある【プルダウン項目】からダウンロードしたい形式の項目を選択
・【CSVダウンロード】または【Excelダウンロード】をクリック

▲ダウンロード完了です!————————————————————————

 

活用方法は、ショップ様の工夫次第で無限大です!

外注先へ送付する定期的なデータの項目設定や、社内で独自のデータを分析するために必要な項目を設定しておくなど。
また、一括アップロード用に使用するデータのダウンロード項目を設定し、必要な項目を変更すればそのまま一括アップロードも行えます。

是非、簡単で便利な【ダウンロード項目設定】機能をご活用ください。