バウンスメールの設定例を教えてください?

「詳細設定>バウンスメール」を設定する際は、契約している各メールサーバー(レンタルサーバー等)のマニュアルを参考にして、クラフトカートがエラーメールを受信ができるようにしてください。

■汎用的なレンタルサーバー例
エラーメール POP3ホスト名:サーバー接続先名(例:mail.sample.com)
エラーメール POP3ポート番号:110
エラーメール POP3 ユーザーID:エラーメール受信専用メールアドレス(例:error@sample.com)
エラーメール POP3 ユーザーPW:エラーメール受信専用メールアドレスのパスワード

■Gmalを利用した例
エラーメール POP3ホスト名:ssl://pop.gmail.com
エラーメール POP3ポート番号:995
エラーメール POP3 ユーザーID:エラーメール受信専用Gmailアドレス(例:error@sample.com)
エラーメール POP3 ユーザーPW:エラーメール受信専用Gmailのパスワード

※Gmailをご利用の場合、エラーメールは迷惑メール扱いされますので、「設定>フィルタ」にて受信ドメイン名全てを「迷惑メールにしない」等の設定が必要です。

 

上記を設定後に「基本設定>ショップ情報送信エラー受付メールアドレス」に「エラーメール POP3 ユーザーID」で設定したメールアドレスを設定してください。

尚バウンスメール設定したメールアカウントは、他クライアントからの接続不可です。読みたい場合はコピーを転送する設定をしてください。

 

バウンスメールとは何のことですか?

バウンスメールとは送信したメールが何かしらの理由で送信先に正常に配信されなかった場合に、メールサーバーから通知されるエラーメール、リターンメールのことです。

メールがエラーになるお客様にメールを送り続けたり、同じドメインに対してエラーになるメールを送り続けたりすると、ショップのドメイン自体がスパム判定され、以降のメール配信に支障をきたす可能性があります。

バウンスメールを設定していると下記の機能がご利用いただけます。
・メルマガ配信機能
・バウンス判定となった場合、管理画面>会員編集でメアド欄に警告表示。 ※手動リセットボタンあり
・バウンス判定となった場合、管理画面>受注編集でメアド欄に警告表示。
・バウンス判定となった場合、管理画面>受注一覧でメール欄に警告表示。
・バウンス判定となった場合、管理画面>受注一覧/受注編集からのメール送信に警告表示。(マルチ送信は未対応)
・バウンス判定のあるメアドはメルマガ送信しない
・メルマガ以外で送信した時にバウンス記録削除

 

尚、上記のバウンス判定機能をお使いになるには『基本設定>ショップ情報』の【送信エラー受付メールアドレス】にバウンスメール専用のメールアドレス(※)を設定した上で、バウンスメールサーバ―の設定をしてください。

※バウンスメール設定したメールアカウントは、他クライアントからの接続不可です。読みたい場合はコピーを転送する設定をしてください。

メルマガ配信機能で送信時にPDFなどファイルを添付することは可能でしょうか?

メルマガ配信で添付ファイルを付ける事はできません。

添付ファイルに代わる手段として、PDFのデータをショップ上に置きURLで誘導してください。

 

▼手順
①コンテンツ>ファイル管理
②「pdf」というフォルダを作成し、中に「test.pdf」をアップロードする
③メール文章に下記のようなURLを記載して誘導する
https://www.*****/contents/ex/pdf/test.pdf

 

「伝票No.URL」欄に配送業者の荷物追跡を入れるとメールテンプレに反映されるのでしょうか?

「基本設定>配送方法・配送料」より「伝票No.URL」を設定し、メールテンプレートに「伝票No.URL」のタグを記載すれば、配送業者ごとに「伝票No.URL」を切り替えてメール配信することが可能です。

配送業者が1社の場合は、メールテンプレートに直接URLを記載して頂いても問題ありません。

 

配送業者ごとに「伝票No.URL」を切り替えてメールで配信する手順

 

①基本設定>配送方法・配送料で「伝票No.URL」にURLを設定する
②発送完了メールテンプレートに「伝票No.URL」のタグを記載する。

※「伝票No.URL」=各配送業者のサイト内にある荷物追跡サービスのURLです。
※「発送完了メールテンプレート」=「基本設定>メールテンプレート」の「発送完了メール」編集画面より編集可能です。

 

▼メールテンプレートで他に表示できる情報は下記のタグを参考にお使いください。

■一般的な項目のタグ
配送方法名称:<!–{shippingMethod}–>
配送方法ID:<!–{shippingMethodId}–>
伝票No.URL:<!–{deliveryTrackingUrl}–>
注文日時:<!–{orderDateTime|date_format:’%Y年%m月%d日 %H時%M分%S秒’}–>
氏名(フリガナ):<!–{orderKana1}–> <!–{orderKana1}–>
Eメールアドレス:<!–{orderEmail}–>

■「<sectionOrderItem>~</sectionOrderItem>」ブロック内のみ有効のタグ
購入商品ID:<!–{productId}–>

■「<sectionShipping>~</sectionShipping>」ブロック内のみ有効のタグ
送付先氏名(フリガナ):<!–{shippingKana1}–> <!–{shippingKana2}–>
送付先お届け方法:<!–{shippingMethod}–>

■会員追加項目系のタグ
購入者会社名:<!–{orderAttribute id=90}–>
購入者部署名:<!–{orderAttribute id=91}–>
購入者追加項目:<!–{orderAttribute id=会員追加項目ID}–>
配送先会社名:<!–{shippingAttribute id=90}–>
配送先部署名:<!–{shippingAttribute id=91}–>
配送先追加項目:<!–{shippingAttribute id=会員追加項目ID}–>

 

送信したメールが迷惑メールになる場合は?

『基本設定>ショップ情報』で設定した各メールアドレスのドメインに設定されているSPFレコードを確認し、下記のTXTレコードを追加してください。

■TXTレコードを追加する場合
“v=spf1 include:craftcart.jp ~all”

■既存のTXTレコードに追加する場合
“v=spf1 a:xxxxx.co.jp ~all”
↓↓↓上記の場合「include:craftcart.jp」を追加
“v=spf1 include:craftcart.jp a:xxxxx.co.jp ~all”

 

メールテンプレートの「(携帯)」と付いたメールはどういったときに送信されるのでしょうか?

「基本設定>メールテンプレート」(携帯)が付いたメールテンプレートについて

1.注文受付メール(携帯)
2.お問い合わせ受付メール(携帯)
3.お問い合わせコメント追加メール(携帯)

「1」は、旧仕様であるモバイル(フューチャーフォン、ガラケー)版の お客様用ページを設けた場合に利用されたメールテンプレートとなります。

「2」「3」につきましては、お問い合わせしたお客様がキャリアメールアドレスの場合に利用されます。

 

「基本設定>メールテンプレート」各種メール内容の「追加」「編集」等の設定が行えます。

最初から用意されているテンプレートに関しては削除できませんが、新規作成したテンプレートにつきましては削除することが可能です。

【新規追加】より、メールテンプレートの新規作成が行えます。
*印は必須項目ですので必ず記入してください。
ショップ側が自由に追加できるメールテンプレート追加画面です。
お客様に送信する通知のパターンを増やしたい場合などにご利用ください。

 

【参考】メールテンプレートで表示できるタグ

購入者会社名:<!–{orderAttribute id=90}–>
購入者部署名:<!–{orderAttribute id=91}–>
購入者追加項目:<!–{orderAttribute id=会員追加項目ID}–>
配送先会社名:<!–{shippingAttribute id=90}–>
配送先部署名:<!–{shippingAttribute id=91}–>
配送先追加項目:<!–{shippingAttribute id=会員追加項目ID}–>

 

注文時などのメールが届かない事があります?

メールが届かなかったり迷惑メールに入ってしまうという場合は、メール送信元
メールアドレス に設定されているドメインDNSのSPFレコードに「include:craftcart.jp 」を追加して下さい。

■システムからしかメールを送信しない場合の例
“v=spf1 include:craftcart.jp ~all”

※SPFレコードの追加方法はドメインを管理しているシステム会社にお問い合わせください。

サイトのトップページで使用している「おすすめ商品」の表示テンプレートを変更するには?

『デザイン>各デバイス>ページ設定』「テンプレートを編集」より【おすすめ商品】のテンプレート内容を変更してください。

『デザイン>各デバイス>ページ設定』から、「PC」「モバイル」「スマートフォン」について、総合的なページの管理と、ブロックの配置や編集を行う事ができます。

 

【各ページのブロック配置画面について】
各ページのブロック配置をマウスドラッグにより変更する事ができます。

【全ページ(チェックボックス)】:TOPページのみチェックする事ができます。チェックすることでサイト全体にブロックが自動配置されます。

【除外(チェックボックス)】:全ページのブロックのうち、「除外」にチェックすることで、そのページのみチェックを付けたブロックを非表示にします。

【えんぴつのアイコン】:ブロックのテンプレートを編集できます。

 

【編集可能ページ一覧画面について】

【標準ページタブ】:システム標準のページ一覧です。必須テンプレートなので『削除』を行う事はできません。

【ユーザーページタブ】:ショップが追加したフリーページ一覧です。『削除』を行う事ができます。

【確認】:該当のページが開き、レイアウトやデザインの確認ができます。

【レイアウト】:該当ページのレイアウト編集画面に移りブロック配置や編集を行えます。

【テンプレート】:該当ページのテンプレート編集画面を開きます。

【ページを新規作成】:新しいユーザーページ(フリーページ)を作成する事ができます。

※同一URLで「PC」「モバイル」「スマートフォン」の各デバイスに対応したユーザーページを作成するには、それぞれのデバイスごとにユーザーページを作成する必要があります。該当するデバイスのページが存在しない場合はPCページが表示されます。

・『デザイン > PC』
・『デザイン > モバイル』
・『デザイン > スマートフォン』

メールマガジンのHTMLメールに画像を挿入したい場合は?

『コンテンツ>各種管理>ファイル』のファイル管理より画像をアップロードし、アップロードした画像に対して<img>タグで画像を表示してください。

▼例
「contents> ex >」という場所に「logo.gif」をアップロードした場合は、下記のHTMLで画像を表示する事ができます。

<img src=”/contents/ex/logo.gif” />

————————————

『ファイル管理』について

フォルダに対応したファイルのアップロード・ダウンロード・表示・削除の全体的な管理を行う事ができます。
編集できる場所は下記の2ヵ所です。『ショップファイル』:/contents/ex/ 以下に対応しています。『テンプレート』:『デザイン』メニューから編集できるテンプレートをファイルとして扱います。

日本語のファイル名や、許可されていない拡張子のファイルはアップロードする事ができません。

 

【フォルダツリーブロック】
左部のフォルダツリーブロックでは、フォルダをクリックする事によりフォルダを展開し、中に入っているフォルダやファイルを表示する事ができます。

 

【フォルダブロック】
右部のフォルダブロックでは、フォルダ内に含まれているフォルダやファイルの一覧を表示します。

上部のアイコンより各種操作を行う事ができます。

メールマガジンのテンプレート設定で名前や会員の情報を差し込みたい場合は?

『メルマガ>テンプレート設定』から、Subject(タイトル)や本文に下記のタグを挿入すると会員情報を差し込むことができます。

▼会員情報を差し込むためのタグ
{name}  :会員名
{customerId} :会員番号
{email} :メールアドレス
{point} :所有ポイント

テンプレートのタイトルや本文中に半角英数字で上記のタグを挿入すると、配信の際、自動的に会員の各種情報に置き換わります。

———————————————-

『メルマガ>テンプレート設定』について

メールマガジンの配信に使うメールテンプレートを管理、作成します。
メールマガジンで毎回書く共通した部分を書いておくことにより、入力する手間を省くことができます。

 

【登録テンプレートの一覧画面】
既に登録されているメールテンプレートに対し、下記の操作が行えます。

『えんぴつのアイコン』:メールテンプレートを編集する事ができます。

『ゴミ箱のアイコン』:メールテンプレートを削除する事ができます。一度削除したテンプレートは元に戻せませんのでご注意ください。

『プレビュー』:メールテンプレート本文の内容をプレビューする事ができます。
HTMLメールの場合は、配信される状態でプレビューする事ができます。

 

【テンプレートの新規入力・編集画面】
メールテンプレートでは、ヘッダーやフッターなど毎回共通して書く部分を設定し、配信作業の手間を軽減する事ができます。

配信作業の際、毎回テンプレート内容に加筆・修正を行う事も出来ます。